記事一覧

TOP > ■写真 > 風景 > イトーヨーカドー秋田店撤退

イトーヨーカドー秋田店撤退

イトーヨーカドー秋田店が今年の10月中旬に閉店するそうです。
2005年にも撤退騒動があったのですが、この時は知事自ら存続の交渉をしたり、テナント料の引き下げでなんとか存続が決まりました。
しかし、イトーヨーカ堂の業績悪化で2013年2月期までに30店舗を閉鎖する事になり、それで秋田店も撤退が決まったようです。

イトーヨーカドーくらいで何騒いでんだ?と思われる方もいるかもしれませんが、イトーヨーカドー秋田店は秋田駅と秋田駅東西連絡自由通路(ぽぽろーど)で直結しているという一等地にありますし、ただでさえ秋田駅周辺は空洞化が激しくて、これ以上商業施設がなくなるとヤバイのです。
そもそも、県庁所在地なのに駅から出てガラーンとしていたら県のイメージが…(笑)


ぽぽろーどで駅から直結です。
VIP待遇なのです(笑)

ファイル 182-1.jpg

ファイル 182-2.jpg


秋田県唯一のイトーヨーカドーです。
ちなみに、セブンイレブンは一軒もなかったりします(笑)

ファイル 182-3.jpg


秋田駅周辺に遊びに行った際は必ず寄って、夕食の買い物をしたり地下のフードコートで何か食べながら電車の時間を待ったものです。
電車の本数が少ないので、ここは駅に近くて時間を潰せる貴重な場所でした。

ファイル 182-4.jpg


秋田は車社会なので、大きな駐車場がある郊外のイオンに客が流れてしまい、駅周辺は人通りがあまりありません。
私が子供の頃はもっと活気があったんですけどね…。
駅前が廃れてしまうと車に乗れない学生やお年寄り、それに観光客も困るし、今は車で移動している人たちも年を取って車に乗れなくなった時、こんな状態だと困ると思うのですが…。

これは秋田に限った問題ではなく、他の地方にも当てはまる事ですね。
私は車が苦手で主な移動手段は電車+徒歩なので、駅前が寂れていると本当に困ります。
特に旅行に行った時は駅周辺のホテルに泊まるから、駅前がしょぼいとコンビニだけが頼りになってしまいます。

ファイル 182-5.jpg


県下一の百貨店だった木内も今では…。

ファイル 182-6.jpg


秋田駅です。
県庁所在地とは思えない人の少なさですね。
昔はこれが当たり前だと思っていたので、東京に来た時はあまりの人の多さに「今日は何かのお祭り??」と思ったものです(笑)

秋田は陸の孤島で、他の場所に行くのも大変だったりします。
大体ですが、秋田駅から隣県の青森駅まで普通電車で3時間半、盛岡駅まで3時間、山形駅まで4時間、時間帯によってはもっとかかります。

ファイル 182-7.jpg


変な音楽(失礼)のCMで秋田県民にお馴染みのホテルハワイも営業を停止して今は廃墟らしいし、ダイエーが入っていた秋田ニューシティは取り壊しになるっぽいし、終焉に向かってまっしぐらといった感じで、このままだとガチでヤバイと思うんですけどね~。
思い出の場所がどんどん失われていきます…。

ファイル 182-8.jpg


写真は全て数年前に撮ったものなので、風景がちょっと変わっているかもしれませんが、人が少ないのは相変わらずだと思います(笑)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cocco.2-d.jp/cgi/blog/blog_trackback.cgi/182

トラックバック一覧